けいじいの徒然雑記

64歳で会社を退職し、晴れて自由人。やり残した人生を気ままに生き、しょうもないことを語る。

旅の思ひ出 その4 石見銀山

 「石見銀山」2019.8

行こう行こうと思いながらなかなか行けなかった石見銀山へ盆休みを利用して日帰りで行ってきた。

広島から車で約2時間。

石見銀山世界遺産センターへ車を停める。

全体は結構広い。

f:id:carpkeiji:20210119063147j:plain

遺産センター内に入ると、丁度最大の間歩である「大久保間歩」のツアーの受付をやっていたので参加することにした。予約なしで参加できた。

遺産センターから本谷地区まで専用のバスで行く。

ツアーは20人程度で案内人が説明してくれる。

f:id:carpkeiji:20210119063151j:plain

大久保間歩の出口とされる金生抗は現在は立ち入り禁止。

f:id:carpkeiji:20210119063158j:plain

大久保間歩に入る前に小屋でヘルメット、長靴、ヘッドライトを装着する。

f:id:carpkeiji:20210119063232j:plain山を登ると大久保間歩の入り口が見えてくる。f:id:carpkeiji:20210119063201j:plain

f:id:carpkeiji:20210119063204j:plain

中は真っ暗。

f:id:carpkeiji:20210119063208j:plain

天井高も結構ある。f:id:carpkeiji:20210119063211j:plain

銀が出るたびに横に掘りつくしている。

f:id:carpkeiji:20210119063215j:plain

f:id:carpkeiji:20210119063218j:plain

f:id:carpkeiji:20210119063222j:plain

ところどころ残っている。

f:id:carpkeiji:20210119063225j:plain

f:id:carpkeiji:20210119063228j:plain

約2時間のツアーだった。

 

定期バスで遺産センターから大森代官所跡へ移動し、昼食をとる。

「おおもり」のそば。山芋入り。

f:id:carpkeiji:20210119063235j:plain

城上神社。

f:id:carpkeiji:20210119063239j:plain

f:id:carpkeiji:20210119063241j:plain

f:id:carpkeiji:20210119063244j:plain

石見銀山資料館。歴史や内容が学べる。

f:id:carpkeiji:20210119063247j:plain

ここから町並みを散歩する。

昔の町並みがそのまま残っている。暑いが気持ちが癒される。

f:id:carpkeiji:20210119063258j:plain

映画のロケ地。

f:id:carpkeiji:20210119063254j:plain

 昔ながらのたばこ屋。

f:id:carpkeiji:20210119063301j:plain

銀行の出張所。現役だ。

f:id:carpkeiji:20210119063305j:plain

f:id:carpkeiji:20210119063308j:plain

f:id:carpkeiji:20210119063311j:plain

郵便局も現役だ。

f:id:carpkeiji:20210119063314j:plain

裁判所跡。

f:id:carpkeiji:20210119063317j:plain

昔の裁判の様子を再現している。

f:id:carpkeiji:20210119063320j:plain

f:id:carpkeiji:20210119063323j:plain

妙蓮寺。

f:id:carpkeiji:20210119063327j:plain

f:id:carpkeiji:20210119063331j:plain

民家にあった・客を乗せて走るのだろうか。

f:id:carpkeiji:20210119063334j:plain

大森バス停近くの五百羅漢。

f:id:carpkeiji:20210119063337j:plain

f:id:carpkeiji:20210119063340j:plain

f:id:carpkeiji:20210119063343j:plain

大森バス停から世界遺産センターへバスで移動し、車で広島へ帰った。

ブームも一段落し、観光客は少なかった。

ゆったりと見学することができ、いい一日を過ごした。

 

おわり

 

旅の思ひ出 その3 宮古島

宮古島」2019.3

与那国島からチャーター便で宮古空港へ。

宮古島の東の果て、東平安名崎。

f:id:carpkeiji:20210117072920j:plain

f:id:carpkeiji:20210117072923j:plain

f:id:carpkeiji:20210117072926j:plain

f:id:carpkeiji:20210116074600j:plain

竜宮城展望台から南側に位置する来間大橋へ。

f:id:carpkeiji:20210116074603j:plain

宿泊場所、宮古島東急ホテル&リゾーツ。

f:id:carpkeiji:20210116074606j:plain

 

翌朝、伊良部島から西側の下地島へ。

通り池。海とつながっている。f:id:carpkeiji:20210116074608j:plain

f:id:carpkeiji:20210117071954j:plain

渡口の浜。

f:id:carpkeiji:20210117071957j:plain

ベイクルーズモンブランで昼食。

f:id:carpkeiji:20210117072000j:plain

伊良部大橋の下をくぐる。

f:id:carpkeiji:20210117072003j:plain

ピアノが素敵だった。芸大卒だそうだ。

f:id:carpkeiji:20210117072007j:plain

北側の池間大橋。これで東西南北の端を制覇。

f:id:carpkeiji:20210117072011j:plain

ウミガメが泳いでた。

その後、宮古空港からチャーター便で広島へ。

 

おわり

全日本卓球

全日本卓球は男女シングルとも、決勝はまれにみる激戦だった。

女子では、伊藤は準決勝で前回覇者の早田と熱戦を繰り広げ、波に乗っているところだった。この試合もテレビに釘付けになるほど面白かった。

一方石川は、17歳で優勝して3連覇するなど、4回優勝をしていたが、このところ10代の選手に負けており、昨年は優勝戦で早田に敗れた。

 

試合は大接戦で石川がゲームカウント1-3と追い込まれてから盛り返し、3-3で迎えた最終ゲームで競り勝ち驚異の逆転で5年ぶりの優勝を果たした。

おめでとう!

f:id:carpkeiji:20210118061838j:plain

内容も世界レベルのテクニックの応酬ですごい試合だった。とても面白かった。

今年はコロナ架でシングルのみの無観客での試合だったが、オリンピックに向け期待が持てるのではなかろうか。無論、開催されればの話だが。

 

男子は優勝未経験者で同士の戦いであったが、こちらも大接戦で及川が優勝した。

及川はこの大会で張本を破っており、追い込まれてからの逆転でとても冷静な選手である。

f:id:carpkeiji:20210118061857j:plain

卓球はオリンピックの代表はもう決まっているので、東京大会には参加できないが、今後、世界を目指して頑張ってほしい。

おわり

旅の思ひ出 その2 与那国島

与那国島」 2019.3

広島から与那国島宮古島へ2泊3日の旅。

ツアーはチャーター便で広島空港から与那国空港まで直通で行った。

f:id:carpkeiji:20210116074436j:plain

f:id:carpkeiji:20210116074439j:plain

アヤミハビル館

アヤミハビルは世界最大級の蛾、展示や生態を学べる。

f:id:carpkeiji:20210116074443j:plain

泡盛の製造所を二か所。

f:id:carpkeiji:20210116074446j:plain

f:id:carpkeiji:20210116074448j:plain

西崎。日本最西端の場所。

台湾が見えるときもあるそうだ。雨男には見えない。

f:id:carpkeiji:20210116074453j:plain

f:id:carpkeiji:20210116074455j:plain

f:id:carpkeiji:20210116074458j:plain

f:id:carpkeiji:20210116074501j:plain

ここは何でも日本最西端となる。

f:id:carpkeiji:20210116074505j:plain

久部良バリ。人減らしのため妊婦にここを飛ばせた。

f:id:carpkeiji:20210116074508j:plain

カジキの上顎。

f:id:carpkeiji:20210116074511j:plain

海底遺跡観光船。

f:id:carpkeiji:20210116074514j:plain

人工的か自然か判断は難しい。

f:id:carpkeiji:20210116074517j:plain

f:id:carpkeiji:20210116074520j:plain

日本最後の夕日が見える場所。雨男には見えない。

f:id:carpkeiji:20210116074522j:plain

この後、ホテルで一泊。

 

2日目

東崎展望台。

f:id:carpkeiji:20210116074525j:plain

ヨナグニ馬が放牧されている。

f:id:carpkeiji:20210116074529j:plain

軍艦岩。

f:id:carpkeiji:20210116074532j:plain

大河ドラマのロケ地。

f:id:carpkeiji:20210116074535j:plain

立神岩。全国に同名が何か所かある。

f:id:carpkeiji:20210116074537j:plain

一番の繁華街、祖納地区。

f:id:carpkeiji:20210116074540j:plain

Dr.コトー診療所。すべてのシリーズ観ました。

いつでも再開できるように残してあるそうだ。

f:id:carpkeiji:20210116074553j:plain

f:id:carpkeiji:20210116074543j:plain

f:id:carpkeiji:20210116074546j:plain

f:id:carpkeiji:20210116074550j:plain

 

1泊2日で与那国島を観光して、夕方にチャーター便で宮古島へ。

 

宮古島へつづく

 

 

 

 

 

 

 

旅の思ひ出 その1 ファーム富田

広島も緊急事態宣言状態となって、ますます外出が抑制されてきている。

僕も家に籠ってむずむずしているいるが、今は我慢の時である。

そこで、これまで僕が訪れた観光地でよかった場所を綴ることとする。

 

「ファーム富田」北海道 富良野町 2019.7

北海道、道東へレンタカーを借りて旅をしたとき、最初に訪れたのが富田ファームだ。

シーズンには車があふれるくらい混み合うが、夏の平日ということで余裕で停めれた。

 

このラベンダーが本当に美しい。

テレビドラマ「北の国から」で純たちの母(いしだあゆみ)が北海道を訪れたときのシーンを思い出す。

f:id:carpkeiji:20210115090722j:plain

いろいろな花の色を組み合わせた花畑も見事だ。

f:id:carpkeiji:20210115090725j:plain

f:id:carpkeiji:20210115090728j:plain

富良野町を見下ろせる。

f:id:carpkeiji:20210115090732j:plain

f:id:carpkeiji:20210115090735j:plain

演奏家たちのモニュメントも面白かった。

f:id:carpkeiji:20210115090739j:plain

f:id:carpkeiji:20210115090742j:plain

 

昼食は近くのレストラン「白樺」でジンギスカンをいただいた。

f:id:carpkeiji:20210115090716j:plain

たれが極上!(ノンアルコールビールです)

f:id:carpkeiji:20210115090719j:plain

うまかった。

 

おわり

全国高校サッカー

昨日の決勝戦、山梨学院VS青森山田の試合は名試合だった。

戦前の予想を覆して山梨学院がPK戦の末勝利した。

観てて、レベルの高さに感心した。個々のレベルも高いが、パスをつないでいく戦略と技術の高さには驚かされた。

観てて非常に面白かった。

こういう名門校には全国から集まった生徒の中からより選抜されてレギュラーになるわけだから強くなるわけだ。

特に山梨学院のGKは素晴らしかった。体力と反射神経の良さを兼ね備えている。

また、相手選手が足をつった時も手当てをしていた。中学の時の同僚だそうだが立派なことである。将来が期待できる選手だ。

彼らが日本のサッカーを盛り上げていく時期も遠くはないだろう。

 

歯の詰め物が取れた。歯医者へ行かねばならない。

今年に入って近くのスーパーへの買い物以外は外出を自粛してきた。

怖いが、しっかり感染対策をして行ってこよう。

おわり

 

チャリティーゴルフ

昨日、テレビの正月特番で「広島県スポーツ振興チャリティーゴルフ」を観た。

この番組は、広島県の青少年のスポーツ育成を目的に、広島県になじみのあるスポーツ団体や企業がゴルフを行い、寄付や選手が持ち寄った品々のチャリティー行う。

スポーツはゴルフ、野球、サッカー、から競輪、競艇まで様々な選手が参加するもので

1996年から毎年行なっている。

残念ながら今年はコロナ禍で中止になり、テレビではこれまでのハイライトを紹介していた。

カープサンフレッチェのレジェンドたちが楽しくプレーをしており、中でも山本浩二さんと衣笠さんが仲良くゴルフをしていた場面はとても懐かしく拝見した。

f:id:carpkeiji:20210111053708j:plain

 

実は僕はこの大会に企業の一員として2回参加させていただいている。

そのうち昨年は、カープの堂林選手と高橋大樹選手、ゴルフの田村選手と一緒にラウンドさせていただいた。

スコアは散々だったが、彼らの素の姿を拝見することができ、とても記念になった。

高橋選手はものすごい飛ばし屋で300ヤード近いドライバーを打っていた。(多少曲がっていたけど。)

堂林選手は小技がうまく、グリーン周りでは素晴らしい寄せとパットを披露してくれた。

田村プロは50歳近くになってサラリーマンからプロに転向された方で、さすがに安定したドライバーとシュアなアイアンでプレイをされ、大変勉強になった。

お嬢様は地元テレビ局のアナウンサーをしている。

f:id:carpkeiji:20210111054407j:plain

 

他にもカープレジェンドの黒田さんや競輪の松浦選手なども参加しており、夕方行われた祝賀会では各界からの挨拶やチャリティーショーが行われ、とても楽しかった。

f:id:carpkeiji:20210111055031j:plain

昨年引退されたカープの石原選手とも記念写真を撮らしていただいた。

お疲れさまでした。

おわり

もっと危機感を

今日の早朝のNHKテレビで、年末年始に医院を開院して新型コロナウィルスの検査対応しているドキュメンタリーがあった。
この時期、医療従事者の方々には本当に感謝し、頭が下がる。

その番組の中で、陽性と認定された患者に、医師が、自宅待機して保健所に連絡して指示を仰ぐようにと話していた。
その患者の返ってきた言葉に驚いた。

スーパー銭湯へ行ってもいいですか。

なんと危機意識がないのだろう。
自分がどれだけ他人に感染させるか解らんのかい。

この患者は年末に臭いと味の感覚がなくなり、保健所に連絡したが、様子を見るようにと対応してもらえなかったとのこと。年明けてこの病院を訪れたという。
それまで何人の他人に感染させたのだろう。

保健所も手一杯ですぐには対応できない状態なのだろうが、恐ろしいことだ。

緊急事態宣言がでても人通りはあまり減らないという報道もあった。インタビューによると自分の行動に変化はないと言う方が大半であった。
こんな緊張感のない危機意識のなさではこの先どうなるか非常に心配である。

広島においても医療機関はすでに破綻寸前である。新規感染者の受け入れもできないケースもあるという。

もっと皆に危機感が浸透するよう呼び掛けねばならない。

昨夜の菅総理の会見について

昨日、政府がついに新型コロナウィルスに関して緊急事態を宣言した。

これまで経済中心としてきた政府の方針が、最近の異常なる感染者の増加により、宣言せざるを得なくなった。後手後手である。本当にあきれる。

 

僕はこの対策は一気に深くやるのが良いという考えだ。

少しづつ小出しにしても、国民の意識は浸透せず浸透してない部分から感染者が増加し、結局効果は低いものになる。

昨夜の街でも若者は飲みに出ていたし、インタビューで宣言が出たこと自体知らない者もいた。緊張感がまるでない。

本当は中国のように完全にロックダウンして2週間は一切外出禁止のようなことをするのが一番効果があると思う。その間のダメージは大きいがトータルで見ると絶対にこの方法が経済的にも良いと思う。この年末年始はチャンスだった。

ただ、今の日本では強制力も罰則もないのでそこまではできない。

今回の宣言で皆が呼び掛けて現状の深刻さが浸透し、まず1か月本当に緊張感をもって我慢して行動すべきだ。

感染した人がその前の2週間どのような行動をとっていたかを可能な限り公表するのも良い方法だと思う。

 

また、国会議員の会食のルールを決めようとする動きがあったようだが、ちゃんちゃらおかしかった。

そんなことをいまさらルールを決めようとする議員の考えがまったく理解できない。

菅総理が国民に呼びかけた後に会食をしてたように議員たちはまるで緊張感がなく、よって国民に深刻さが伝わってこない。

 

昨日の総理の会見の中で、あまり報道はされていないが核兵器禁止条約について、あらためて日本が条約に署名するつもりはないと従来の方針を述べた。

同条約は昨年批准国が50か国に達し、今月22日に発行される。

唯一の被爆国として全世界に禁止を訴えていかないとならないのに、核の傘を理由に批准しないのは、どうしても合点がいかない。

組抗争で相手が大型爆弾を持っているから、こっちも持たねばならいといっているのと同じだ。

オバマ元大統領が核兵器なき世界を訴え、広島を訪問した時には大いに期待したが、その後の高圧的なリーダーたちの出現に一部の国ではその訴えは後退をしてしまった。

今後、日本が主導となって、世界中のすべての国が同条約を批准するように訴えることを強く望む。